理想の住宅を実現する【家族に合わせた注文住宅を建てよう】

不動産

大阪府の南部の不動産事情

南大阪の不動産の注意点

家

南大阪の南海沿線では、南部の大阪狭山市などに広大な新興住宅地がある。新興住宅地の中古の戸建て住宅を購入する際には、建物の建築年月日について確認しておくことが大事なポイントになる。1981年に建築基準法が改正され、1981年以降に建築された戸建て住宅は耐震性がある。1981年以前に建てられてた戸建て住宅は、耐震性に問題がある場合があるので注意を要する。南海沿線では1980年代の後半のバブル期に住宅団地が造成されたケースが多いので、大阪狭山市などの新興住宅地の戸建て住宅は、耐震性に問題はない。南海沿線の堺市や和泉市などは古くからの住宅が多いので、1981年以前に建てられた可能性がある。南海沿線の古い戸建て住宅を購入する場合は、必ず建築年月日の確認を行うことが大切になる。

南大阪の不動産の豆知識

南大阪の南海沿線の戸建て住宅のメリットは、大阪のミナミの拠点である難波駅まで直通で通勤できることである。難波や心斎橋などのオフィス街に乗り換えなしで直通で行けるので、通勤や買い物にとても便利である。南海沿線には関西の空の玄関口となる国際空港があるので、飛行機で海外出張をすることが多い人は、空港まで直通で行くことができる。南海沿線は和歌山にも近いので、和歌山方面に出かける機会が多い人は大変便利である。南海沿線は、大阪府の中では少し遅れて住宅開発が行われたため、中古の戸建て住宅であっても比較的新しい物件が多い。地価の水準は難波駅から離れるほど安くなる傾向がある。そのため阪南市や泉南市などの物件は、かなりお買い得である。