理想の住宅を実現する【家族に合わせた注文住宅を建てよう】

不動産

木材の価値を戸建に利用

エアパス工法が特徴

家

自然素材を基盤とし、安心できる国産材を使用した家づくりを提案するのが四季工房です。木材の知識と熟練した技術を持つ大工の手きざみ加工も特徴の1つであり、伝統的な木造住宅のみならず、地域循環型となる家づくりを提案してくれています。また、家づくりだけにこだわるのではなく、環境問題に対する取り組みも見せており、地域密着型となる事業枠にハマる経営方針ではない、トータルな住まいづくりを行っている事業所となります。四季工房で提案している工法はエアパス工法で、一般的な断熱住宅と異なり、閉じ過ぎない断熱の考え方を提案しています。結果、四季に応じた外の環境をムリに人工的に変えない造りによって、住む人の自然環境への適応力を引き出してくれています。

自社工法の良さを発信

四季の環境に対応する人工的な住まいでは、暮らす住民が外の環境に対応できず、寒さや暑さに弱くなりがちです。また、シックハウス症候群など、住まいにおいて健康トラブルは絶えず囁かれている事柄でもあり、家づくりに関しては暮らす住民に着目した住まい提案が重要視されています。四季工房においては、エアパス工法を採用しているものの、まだまだ快適住まいとしての情報発信ができておらず、在来方法との実験棟の建設によって、様々なメリットを検証する取り組みが話題を呼んでいます。省エネ性に配慮させた家づくりが高まっている背景も重なり、四季工房ではエアパス工法の建物と気密や断熱性の高い建物の様々なデータを取り、自社こだわり工法の効果を発信していく考えです。